風水も、占いの一つです。家の中の配置や、置物の種類、色などで、家運を占う占いとして、多くの人が取り入れています。古くは、中国で、大事な建物を建てる際、どこに建てるのが良いかなどを決めるために生まれたものですが、日本では独自に発達して、日本独特の風水学として、利用されています。

太陽の光を浴びる人のイメージのイラスト

運気アップの色を知ろう!

風水では、様々な運気をアップさせてくれる色が存在します。例えば、黄色や金色は金運アップ。ピンクは恋愛運アップ。緑は健康運アップ。

などです。これを取り入れて生活している人も多いですよね。特にピンクは恋愛運アップの色として、女性らしさなどを高めてくれます。

確かに、ピンクは女性のための色のイメージが強いですよね。そのピンクを上手に取り入れていることで、恋愛運が上がるというのは、納得できることのような気がします。

ソース★【電話占いウィル(will)】当たる先生!2ch口コミ評判まとめ https://www.denwauranaichan.com/denwauranaiwill/

植物は邪気を払ってくれる

風水では、植物の持つ力も重要視されています。台所などに、観葉植物を置くことは、健康運アップにつながりますし、寝室に緑を置くことで、邪気を払ってくれ、リラックス効果があるとされています。

風水に親しみがない人は、何の根拠もないような気がしますが、風水は言われてみれば、そんな気がする、という内容のことが多かったり、知らず知らずのうちに取り入れていることも多かったりするんですよ。

吉方位を知ってラッキーをつかむ

風水には、自分の運気が良い方角、吉方位というものがあります。訪れるのによい方角とされていて、吉方位にある宝くじ売り場で宝くじを買ったら、当たった!という人もいるんだとか。

吉方位を知って、ラッキーがつかめるといいですよね。

深刻な悩みであっても電話占いをおすすめします

「遊び感覚で占い」「1回行ってみたかった」そんな軽い気持ちの方は別です。しかし真剣に悩み事がある時、中身が深刻であればあるほど友達には言えないものです。

占いのプロにせっかく見てもらえるチャンスをあなたは無駄にしないで下さい。

占星術で用いられる道具

これまで誰と占いに行きましたか?

友達や恋人と行かれた方が大半だと思います。そんな時、決まって帰り際に「本当はここをもっと聞きたかった」そういう心残りがあるはずです。

友達の場合には、少なからず良い格好をしようと自分の弱い部分が見せられません。恋人の場合には、悪いことを言われたくないので、踏み込んだ質問ができません。

せっかくお金を払っているのにもったいないと思いませんか?

あなたが質問をしないと答えは返ってきません

「この辺りもっと突っ込んでくれないかな」心の声は占い師には届きません。聞きたいことを口に出すためには?友達を連れて行くのではなく、一人で占いに行くことが大切です。

友達のこと心から信用できますか

この子のことは信頼しているから!そう思って占い師の前で本心をさらけ出した結果。知られたくないことまで、友達に知られてしまう事態に。

友達が口外するしないに関わらず、あなたの心には「口走ってしまった」「他言されたらどうしよう」そういう心残りと不安が生まれます。

近くて遠い友達のような存在

占い師と聞くと胡散臭く感じる方も多いと思います。しかし年配で経験豊富な方も多く、とても親身に的確なアドバイスをくれます。

周囲にいる友達に相談できないことだからこそ、まったく関係のない第3者に聞いてもらうこと、それも一つの手段です。手相にせよ、四柱推命、タロットにせよ、あなたの性格や悩みを踏まえて答えをくれます。

一人で行くのが心細い…そう思うのは最初だけです。一歩足を踏み入れてしまえば「来て良かった」「聞きたいことがようやく聞けた」そう心から思える瞬間に出会えます。